2015-03

先日娘が無事卒業式を迎えました。
次の日はピアノの発表会。
その夜は謝恩会。

なんかあっという間に終わってしまいました。

今日は息子の終業式。

それと同時に私の恩師の退職の日でした。


私と先生の出会いは中学2年生。
先生が私の担任になった時から。
私の中学校は当時すごく荒れていてね。
毎日色々な事件が次々と起こっていたの。

私は不良でもなんでもない…ただあの当時は
ともかく性格が歪んでいて
いつもイライラしていて、
何処にこの気持ちをぶつけたらいいのかわからない子供でした。

でも先生には自分でもびっくりするくらい素直に何でも言えて、
私が道を外れそうになると本気でぶつかってくれました。

中学校生活で自分自身でもびっくりするくらい
人間として成長させてもらいました。

3年生になり進路を決める時、
「私、先生みたいな先生になりたい。」
って言うとすごく喜んでくれました。
(そんなに頭がよかった訳ではないのによく言い切ったなっと。今思うと若さってすごいよね。)

残念ながら中学の教師にはなれなかったけど、
幼稚園の先生として働くことができました。

幼稚園だから楽なんてことありません。
教育者はどの年齢の子を受け持っていても人間と向き合う仕事は本当に大変です。

でも子ども達がかわいくてかわいくて、楽しくて楽しくて毎日幸せでした。

結婚から2年目に子供ができ、幼稚園を退職することになった日、
中学の担任の先生が私の仕事を見にきてくれたのです。
私はちょっぴり恥ずかしかったけど、
たまに先生の方をみるとホールの片隅からずっとニコニコしながらみていました。

保育終了後、先生は一度車に戻ると大きな花束を抱えて戻ってきました。
「お疲れ様。よく頑張ったね。」って。

今でもあの時にことをよく覚えていて…思い出すと泣いてしまうのです。


あれから14年。
今度は先生が退職する日になってしまいました。
私は大きな花束を持って先生の中学校へ。

職員室に行くと
先生がびっくりして「どうしたの〜」だって。

私は会っていなかった10年間の出来事をすごい勢いで先生に報告。
この私がかなり早口で話しました。←想像してみて〜面白い光景でしょ。
だって先生の顔をみるとなんでも話したくなってしまうんだもん。
先生はずっとうなずいて聞いてくれていました(笑)


本当に今日は最高の日でした。


こんな自分のこと長々書いてしまいすみません。
でも誰かに聞いてもらいたかったんです。ごめんよー。

息子や娘にもこの春、素敵な先生との出会いがあればいいなっと心から願っています。

スポンサーサイト

第9回大生活骨董市



ご無沙汰しております。
私は娘の卒業式やピアノの発表会の準備など忙しい毎日を過ごしています。

このところ、私の苦手な「決断」しなきゃいけないことがいっぱいあって。
どれも家族にとっては大切なことで・・・・。
でも子供と話し合っても答えはでず、けんかばかり。
正直うまくいっていません。
そして、
夏までに決めなくてはいけないのは住宅ローンの借り換えのこと。
ローンに関して、ど素人の私。
どうしたらいいのかわからず、ずっとパソコンとにらめっこ。
誰かに相談できたらいいんだけど・・・・。
だれも将来の金利がどうなるのかなんてわかんないしね(笑)
これから自分なりに勉強して少しでもいい方法でローンを組めたらと思っています。


conv201503130004.jpg
conv201503130002.jpg
conv201503130003.jpg


話はがらっと替わり

春といえば大生活骨董市。
今年も母が出店します。
私もお手伝いに行きます。
フライヤーとポスターができました。。
毎年すごく楽しいイベントです。
ぜひぜひ遊びにきてください。

第9回大生活骨董市
初日夜市 4月10日(金) 17-22時
中日市   4月11日(土) 12-22時
千秋楽市 4月12日(日) 10-17時

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

*caron*

Author:*caron*
FC2ブログへようこそ!
*caron*という名前で活動しています。
日々のこと少しずつ書いていきたいです・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

83E4 vol.3 (7)
未分類 (52)
手作り (114)
お店~雑貨・骨董~ (89)
子育て (60)
お店~カフェ・レストラン・お菓子・パン~ (9)
おでかけ~公園・キャンプ (20)
おウチづくり (4)
83E4 vol.2 (10)
83E4 vol,4 (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード